短編小説

短編小説

光のカケラ

僕は一人家路を急いでいた。 気温は大分上がってきたがまだ肌寒い日が続いている。 駅から約10分の道のり、安ア...
短編小説

粉雪

1999年4月 東京 渋谷 雑踏の中、僕は1人歩いている。 18歳になってすぐ僕は東京にやってきた。 ...
短編小説

夜行列車

僕は旅をすることが好きだった。 全国を歩きまわり、様々な人達や文化に触れ合う。 出来ることならそんな仕事につ...
短編小説

ニーナ

彼女は「二ーナ」という名前だった。 本名ではない。 ただ彼女は「二ーナ」と呼ばれていたし、彼女自身もそう呼ば...
短編小説

サニーデイ

僕らの生まれ育った町はどちらかと言えば田舎だと思う。 海と山に囲まれた小さな町だ。 自然の中で僕らは育った。...
短編小説

AM4:30

ドッペルゲンガーという言葉をご存知だろうか? 世界には自分の生き写しのような人間が3人いると言われている。 ...
短編小説

ひみつの場所

僕は一人、電車に揺られ地元を目指している。 肘をついて眺める景色は徐々に懐かしい風景へと姿を変えた。 思えば...
短編小説

ガイディングライト

季節は春。 僕には弟がいて、僕も弟もそれぞれ東京で一人暮らしをしている。 僕らはたぶん仲の良い兄弟だ。 ...
短編小説

トワイライト

昼下がり、僕は一人レストランにいた。 窓側の席に座り外を眺める。 懐かしい風景。 この席で僕ら三人は、...
短編小説

ダイアリー

冬の朝、僕はいつもの道を歩いている。駅へ向かう人波はとても速足だ。 そんなに急いで一体どこに向かうんだろう。 ...
タイトルとURLをコピーしました