萩原大介(ハギワラダイスケ )

スポンサーリンク
BLOG

明日のラジオについて

明日はレギュラーのラジオ番組オンエア日です。 今回はTHE WHOの特集を行います。 ビートルズ、ローリングストーンズと並んで、イギリスの3大ロックバンドの一つと言われる重要なバンドですね。 とにかくライブが激しくて、めちゃくちゃかっこいいです。 昔から大好きなバンドですね。 ぜひ聞いてください!
BLOG

スタジオライブ生配信

今日はスタジオライブ生配信でした。 ご覧頂いた皆さんありがとうございます! 毎月最初の配信では新しい曲を演奏していますが、今回もなんとか形になりましたね。 さて、ライブが近くなってきたのでここからライブのリハにシフトしていこうと思います。 もしたまたま配信見てくれて興味持ってもらえたら足を運んでほしい。 10/16(日)大阪アメリカ村TOBIRAで歌います。 ではでは。 10/5スタジオライブセットリスト 1.アルメリア 2.この街の声に耳をすましても 3.キカ 4.swimmer(新曲) 5.花を飾ろう〜myroom myflower〜 6.未来の地図 7.ホログラム 8.フォトグラフ 9.エーテル 10.SimpleStory 11.さざなみ 12.君への手紙
BLOG

原点回帰

曲作りや、作業に煮詰まってどうしようもなくなると”原点回帰”しようと思って ルーツになった音楽を聴き直してみたり、古い歌を歌ってみたりします。 そこで少し思ったんですけど、 バンドから一人になって、なんとなーくギター1本で歌うようになり、スタイルとしてはある意味極限にシンプルになってるわけですね。 でもバンドの頃の曲作りからは実はなんも変わってないんです。 というのは、「ギター1本の弾き語りで良い曲でないといけない」という自分ルールがあったからですね。 そう思うと成り行きとはいえ、演奏形態まで原点回帰しているんだなぁと妙に納得してしまいました。 さて、明日はスタジオライブ生配信です。 新しい曲も演奏しますのでぜひリアルタイムでご覧くださいね。
BLOG

効率

コロナ以降、テレワークやオンラインがすっかり普及してかなり便利になっていますね。 何でも自宅で楽しめる。 情報だってネット検索一発ですぐに調べられるし。 効率化が相当進んで、これからもどんどん加速していくんだろうと思うんですが この間配信でも話してた、音楽聴く時に"ギターソロ飛ばす問題"や"イントロ長いと聞かれない問題"について。 結局、この音楽を聴くという行為にまで効率を求めているということですよね… これってなんなんだろう? と。 動画を見るのも倍速で見るのが普通になってる方もいるみたいだし… そこに対する芸術性がどんどん失われているような気がしますね。。。 とはいえ、エンタメなんてその人それぞれの楽しみ方があるべきだし、そういうものだと思ってはいるんですけども。 もう少しじっくり腰を据えて作品と向き合う楽しさを伝えて行けたらなぁ、なんてよく考えます。 まぁ自分にできることなんてなんもないかもですけど…そんな思いに耽る秋の夜でした。
BLOG

時代に合わせて変化する

ふと思ったことですが、ずっと一線で活動されてる方と少しづつ勢いがなくなってしまう方。。。 何が違うんだろう?と。 これはただの個人的な見解ですけど、 「時代に合わせて柔軟に変化していけるかどうか」 な気がします。 そしてこれは言葉にするのは簡単だけど、実はとても難しいと思う。 長年やり続けていると変なプライドや意地、そして自分の古いやり方が正義という…思い込みからなかなか抜けられなくなるように思うんですね。 はい、これは自分のことです笑 理屈は分かるんだけど、どうにも変えられないところがあったりするんですよね。 ただ一つ少し変わってきたのは最近作る曲がどんどん短くなってることくらいでしょうか。。。 ”今”のエッセンスをしっかり取り入れて、歌い続けていきたいものです。
BLOG

読書の秋

今書いてる新しい曲の歌詞がどうもしっくりこなくて。 もうちょっと世界観をイメージしようと思ってたら、ある小説のことを思い出してですね。 歌詞の雰囲気とそのストーリーがハマって、形になりました。 こういう感覚は久しぶりな気がします。 最近読んでない小説をまた読み返そうと思ったり。 読書の秋ということでしょうかね。 引き続きしっかり仕上げていこうと思います。 ではでは。
BLOG

夢について

昨日、久しぶりに夢を見ました。 最近気を失うように寝てるのか、ここのところ全然見てなかったんですよね。 内容は覚えてないんですが、悪い夢ではなくて、どちらかというと楽しく話していた気がします。 で、これって本当なんなんだろう…と思うんだけど 起きた時携帯をふと見たら その夢に出てきた人からLINEが来ていました。。。 もう1年くらい会ってない方でなぜに?って感じでしたね。 たまに友達から夢にまつわる不思議な話聞いたりするものの、自分の体験談はほとんどないので妙な感じでした。 ちなみに夢の中でめちゃくちゃフレンドリーで接してて、現実は知り合い程度の方なんですけどね。
BLOG

明日のラジオについて

明日はレギュラーのラジオ番組オンエア日です。 今回はTHE DOORSの特集をします。 後年のバンドに多大な影響を与えたサイケデリックロックのカリスマ的存在。 そうです、昨日のブログで触れた「カリスマ性」とはまさにドアーズのボーカル、ジムモリソンのことです。 活動を通して音楽ジャンルも徐々にポップなものや、ブルージーなものまで変化していきますがどの時期もとても良いです。 今回はキャリア総括した楽曲をピックアップしましたので、その辺りも聴いて頂けると思います。 ぜひお聞きくださいね。 そして明日はツイキャスライブです。 こちらもぜひよろしくお願いします!
BLOG

カリスマ性とは

昨日のツイキャスライブご覧いただいた皆さん、ありがとうございました。 バンドの話になった時に”カリスマ性”という言葉について少し話題にしてましたが、そういえば正しくはどんな意味なんだ?ということで調べてみました。 ↓ 辞書によると、「カリスマ」とは、他人を統率する才能や魅力を持った人のことを指し、さらに神学用語では、神から授けられた超自然的な恩恵や能力を意味するようです。 「カリスマ性のある」とは、リーダーシップを発揮し、人々を上手にまとめながらも魅力ある言動ゆえに、仕事上の部下など様々な人から慕われる人といえるでしょう。 引用元 …なるほど。 なんかイメージと違いますね笑 「神から授けられた超自然的な恩恵や能力」というところは少し納得できるように思えます。 圧倒的な存在感みたいな、そんな感じですかね。 今更どうこうはありませんが、何かを表現したり創造したりするクリエイターの方はみんなこの”カリスマ性”というやつに憧れるんじゃないでしょうか? 正直自分も憧れていました。 でも考えてみると、本当にカリスマ性のあるアーティストってカリスマになろうとしてなってるわけではないと思うので憧れた時点で無理でしょうね、たぶん。 そんな風に考えて一人で腑に落ちてしまいました。。。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました